お金について思うこと 借金との決別
自己破産、債務整理はもうこりごり
Menu

いつ、どこでいくらぐらい使ったのか、ということを把握しておくって大事なことだと思います。
予算を立てて、その中でやりくりをするのがベストなんだと思いますが、そこまでは中々できませんし、面倒ということもあります。
今はアプリやウェブサイトで収支をチェックすることが出来るようになっているので、利用をするようにしています。

収入が1か所からであれば分かりやすいですが、FXやNISAなどの投資も行っていれば、お金の管理って意外と面倒になりますし、複雑になります。
他にもインターネットを利用したお小遣い稼ぎを行っていれば、その収入の管理も行わなければいけないので、収入だけでも把握するのに手間がかかってしまいます。

支出も収入もオンラインで関連付けを行うことが出来るようになっていれば、管理もスムーズに行うことが出来るでしょう。
インターネットバンキングを利用することで、収支のチェックも行いやすくなっているので、使ってみるとよいでしょう。

収支のチェックを行うことができれば、自然と無駄遣いも減らすことが出来るようになります。
本当に必要なものなのかどうか、ということを考えることが出来るようになりますし、赤字にならないように考えながらお金を使うことが出来るようになるので、節約にも繋がります。
収入を超える支出にならないように、ゲーム感覚でお金を使うことが出来るようにもなるので、節約も苦にならずに済み、楽しみながら貯金を行うことが出来るようになりました。

過去の節約話

転職で給料を減ったのをきっかけにつもり貯金を始めてみました。その頃は任意整理に関するごたごたはすべて終わってスッキリしていました。

自分のやりたい職種に転職したら、悲しいことに前職より給料が減ってしまいました。そこで、少しでも節約しようと思って始めたのが「つもり貯金」とさぼりがちだった家計簿をつけることです。
駅まで自転車で行くと、自転車置場で100円取られてしまいますので、毎日歩いていくことにしました。

毎日歩くと、「自転車を置いたつもり」で1週間500円貯まります。

それから、100円自販機で飲料も買っていたのですが、それも自宅から水筒を持っていくことにして、こちらも「自販機で買ったつもり」で1週間500円貯まります。
この2つのつもり貯金をしただけで、1ヶ月約4000円プラス貯金になります。

小さなことですが、このような感じで今までバスに乗っていたところ、地下鉄に乗っていたところも、歩きに変えてつもり貯金にチャリンと入れています。
1週間に1度、日曜日には財布に残っている1円、5円、10円玉もつもり貯金の仲間にしてみました。

とりあえずは、小銭入れに入れることにして、少し貯まったら、使っていなかった銀行通帳を「つもり貯金専用」にして、その通帳に入金します。
1週間に1度は入金するようにして、少しの額であっても通帳記入をするたびに、増えていくのはうれしいことです。

給料が減ったので、今まで何気なく寄っていたカフェに行く回数も週に1回のみに変更し、昼食もお弁当を持っていくようにする、スーパーも毎日通っていたものを3日に1回のまとめ買いに変更する等、転職をしたことに寄って、お金を使う意識もだいぶ変わりました。

今では、小銭を貯金することが楽しみになってしまいました。積み重ねも無駄にはならないと実感しています。